アドミッション・ポリシー

広島市立大学は,豊かな感性と真理探究への情熱を持ち,多様な文化と価値観を尊び,平和を希求する人材を育成します。さらに,幅広い知識と確かな専門性を有し,高い倫理観を持って広く社会に貢献できる人材を育成します。
この目標とする人材を育成するため,次のような人の入学を求めています。
○ 人間性豊かで,向学心の旺盛な人
○ 知的好奇心と探究心を持ち,知の創造と活用に意欲のある人
○ 世界平和と地域・国際社会の発展に積極的に貢献したい人

情報科学部においては,学部の理念,教育目標,人材育成の目標に合致したアドミッション・ポリシーを次のとおり定めています。
(関心・意欲)
○ 情報工学・情報科学に関心があり、自ら積極的に情報工学・情報科学を学修する意欲を持つとともに、学んだことを活用して国際社会や地域社会の発展に貢献したいという大志を抱いている人
(知識・技能)
○ 情報工学・情報科学を学ぶうえで土台となる高等学校等で修得すべき数学、理科及び語学の知識・技能を有している人
(思考力・判断力・表現力)
○ 物事を多面的にとらえ、総合的かつ論理的に思考して合理的に判断することができる人
○ 自らの考えを分かりやすく説明するよう努力できる人
(主体性・協働性)
○ 国際社会や地域社会で起こっている情報工学・情報科学に関連する課題を意識し、その課題の本質を理解し、自ら率先して解決しようとする熱意を持っている人
○ 共通の目的を達成するために、他人の価値観を尊重し、他人と協調して活動する主体的なコミュニケーション力を身に付けている人

情報科学研究科においては,研究科の理念,教育目標,人材育成の目標に合致したアドミッション・ポリシーを次のとおり定めています。
○ 情報科学に関する学理の探究と,科学技術の発展に関心がある人
○ 自ら進んで問題に取り組み,その成果を社会に還元する意欲がある人
○ 情報科学の探求に必要な数理的・科学的思考ができる人