学部・研究科長メッセージ

前田香織学部長

情報の伝達と処理の技術革新によって進んだ社会の情報化。広島市立大学情報科学部・情報科学研究科は今のAI(人工知能)が世に広まるずっと前から高速コンピュータ,インターネット,情報検索,画像処理,セキュリティなど情報化社会を支える技術を研究してきました。情報科学部の4つの学科、情報工学科、知能工学科、システム工学科、医用情報科学科、またそれぞれの大学院専攻の技術の結集が今の情報化社会を創っています。情報科学部・情報科学研究科では各学科や専攻の専門の学識・技術を身につけるとともに、関連する情報工学・情報科学の技術を知ることができる学びの環境を用意しています。

社会は情報技術の進歩の後押しにより、国や地域の垣根を超えたグローバル化が進み、ますます複雑化していきます。次の時代に求められるのは情報化社会を支える技術を身につけた上で新たな価値を生み出せる人です。情報科学部は最先端技術を創ることを目指す意欲ある人を育てていきます。

「できたらいいな」ができてしまう“情報科学科”